カードローンの利息が低いのは、それに関する法律がきちんと制定されているからです。この法律は利息制限法という法律で、これが適用されるカードローンでは上限金利が存在していますからそれ以上の金利を設定することが実質的にできません。
利息は、もともとカードローンを提供する消費者金融の利益に相当する付加価値であるため、消費者の目線で考慮すると消費者の返済の負担にそのまま当てはまることになります。消費者金融の利益が増大するほど消費者の負担もまた増えていきますので、サービスとしての良しあしを考えるのならば絶対に金利が小さいほうが消費者の負担は小さくなり優良なサービスと判断することが可能です。その点、法律が適用されるカードローンでは融資の上限に応じて金利の上限も変化する仕組みになっていますので、大きな融資をすることになると上限もそれに伴って小さくなるようになっています。たとえば、1万円程度の非常に小さな融資ならば消費者金融のほうでも20%程度の上限として決定することができるのですが、これが100万円以上の融資となる上限は最大でも15%が限界となります。すべてで一律に消費者に負担を強いるのではなく融資をする金額によってそれぞれの負担分を考慮していますので非常に使いやすいサービスになっているのです。
こうした法律的な考え方はカードローン特有のもので、ほかの融資のサービスにはありません。だからこそ、個人の消費者にとってはこのサービスは使いやすい仕組みであると言えるのです。