今では別段珍しいことではありません。
モビットの学生借り入れもほかの消費者金融と同様に年会費無料、保証人不要、担保不要となっています。

今、保証人を必要とする消費者金融は数少ないでしょう。
貸金業法が改正されたのは2010年と近年のことになりますが、それ以前には申し込みには保証人が必要という消費者金融が珍しくはありませんでした。
現在は保証人廃止の法改正案が提出されるなど、本格的に保証人廃止に向けて動き出しています。
保証人が不要となっている消費者金融が大半を占めているのにはやはり新規顧客開拓もあるでしょう。

消費者金融は貸金業法が改正されたこと、総量規制が施行されたことなどによって大きな改革を求められました。
グレーゾーン金利は撤廃され、今でもまだその過剰にとっていた利息の返還請求に応じている消費者金融も大半です。
さらには総量規制があり、個人の消費者金融からの借り入れ金額は年収の3分の1までと制限がされるようになりました。
かつては消費者金融が一個人に貸し付ける初回融資限度額は30万円前後となっていましたが、今では15万円から20万円程度となっています。
総量規制の上限に抵触することのないように慎重になっているということでしょう。

逆に考えると、私たち利用者が安全に消費者金融を利用するだけの土台がようやく貸金業法改正によってつくられたということです。
金利も利息制限法以内、強引な取り立てもなく、安心して利用することができるようになりました。